クルーズ船基本情報

  • HOME
  • » クルーズ船基本情報

クルーズ船基本情報

icon1m.pngクルーズ船の種類
 

MAR_Moorea.jpgのサムネイル画像クルーズ船は、通常大きく分けて、カジュアル、プレミアム、ラグジュアリーの3つに区分けされます。また、普通のクルーズ船は既に十分経験済みというお客様へは、少し変わった特殊船、帆船などもあります。

お値段はカジュアル、プレミアム、ラグジュアリーの順に高くなってゆきます。一口で言い表すと、ホテル選びと同様です。素泊まりの駅前ビジネスホテル、外資系有名チェーンホテル、高級ホテル、お洒落なブティックホテル、それともこじんまりした隠れ家的なホテル、それらからお客様のご予算や、目的に合わせて選びますよね。クルーズ船も同様、ご自分のニーズにあったものを選ぶのが一番です。
 

 

ラグジュアリー船
もっとも贅沢なランク。1人当たりのスペースが広くなります。キャビンの内装や使用しているリネン、アメニティ、パブリックスペースの設備から食器のひとつひとつまで、何をとっても材質や素材、品質のよいものが用いられています。また丁寧なサービスが保障されます。

 

シルバーシーズ:スピリット、シャドー、クラウド等
リージェントクルーズ:ボイジャー、マリナー、ナビゲーター 
ポールゴーギャン:ポールゴーギャン
キュナード:クイーンエリザベス、クイーンメリー
シーボーン:ソジャン、オデッセ
オーシャニア:マリナー・リビエラ



プレミアム船
カジュアル船とラグジュアリー船にはさまれた、中間クラスのプレミアム船は、ホテルランクでいえば4ッ星クラス。洗練された客船とサービス、そして居住性に優れたキャビン。ハイエンドではなくとも品質に不足ない設備やアメニティ。乗る人を選ばない上品な過ごしやすさがプレミアム船のよいところです。

プリンセス・クルーズ:ダイアモンド、エメラルド等
セレブリティクルーズ:ソルスティア、ミレニアム等


 

カジュアル船
手頃な価格帯が魅力のカジュアル船。プールなどレジャー施設やアトラクション、子供向けサービス等の充実ぶりは他のクルーズ船クラスの追随を許しません。贅沢感には欠けても子供のいるファミリー層や若い年代からの指示をうけ、近年は船そのものがテーマパークのような大型クルーズ船も登場するなど、独自の分野も拓かれ、クルーズビギナーの気持ちをギュっと掴んでいます。

NCL(ノルウェージャンクルーズライン):ブレイクアウェイ、エピック、ジェイド、プライドオブアメリカ等
MSC(エムエスシークルーズ):ファンタジア、スプレンディダ、マニフィカ、ポエジア等 
RCL(ロイヤルカリビアンクルーズ): アリュール、リバティ等
フッティルーテン:ファンマルケン



帆船・特殊船
たとえば帆船、帆船の仕組みや外観自体が好きな方ならこの上ないクルーズ体験となることでしょう。水上交通の歴史を学んでいる方やヨーロッパの田舎風景に魅力を感じるなら運河クルーズは最適です。つまり、その道の興味の有無が乗る人を幸福にするタイプのクルーズといえます。または、様々なクルーズを体験したい方、普通のクルーズは充分経験された方に人気。

オリオン:オリオン
カンパニュードポナン:ソレアル、ボレアル、ロストラル
ウィンドスター:ウインドサーフ、ウインドスピリット
スタークリッパー:ロイヤルクリッパー、スタークリッパー



 

icon1m.pngキャビン(お部屋)の選び方

VOY2013_DeluxeSuite_068.jpgクルーズ船のお部屋のカテゴリーは、お部屋の広さ、お部屋の位置(海側に面しているか否か)、お部屋の階数(低い階数、高い階数)、プライベートバルコニーの有無により分けられており、そのカテゴリーによって価格付けされます。

A) お部屋の広さ
寝室と基本的な浴室(シャワーのみ)から、寝室とリビングエリアが分かれ、浴槽付き浴室、プライベートバルコニー付きのスイートタイプまで様々なカテゴリーがあります。船によっては全室スイートタイプのクルーズ船や、全室浴槽付きのクルーズ船もあります。

B) お部屋の位置(外側・内側)
外側とは、所謂海が見える(オーシャンビュー)お部屋の事です。同じオーシャンビューでも、窓からさえぎるもの無く全面的に海が見えるのか、または、視野をさえぎるものがあり、部分的に海が見えるのかにもより、さらに細かくカテゴリーは分かれ、価格帯も変わります。もちろん全面的に海が見えるお部屋のほうが、部分的にしか海が見えないお部屋よりも高価格となります。内側とは、窓がなく、内側に面しているお部屋のことです。 また、その船の構造により、船首に近い前方か、船の中間部か、船尾に近い後方かにより価格が変わるところもあります。一般的には船首や、船尾にスイートルームが設定されている事が多いです。

C) お部屋の階数
一般的に低い階数にあるお部屋より、高い階数にあるお部屋のほうが高価格で、高い階数にあるお部屋がスイートルームに設定されている事も多いです。

D) プライベートバルコニー
プライベートバルコニーの有無により、価格は変わります。船会社、船によっては全室、または、90パーセント以上のお部屋がバルコニー付きのものあります。バルコニー付きは窓ガラスが床から天井まであるのでお部屋が明るく広々と見えると同時に解放感があります。バルコニーの椅子にかけ景色を眺めるのはクルーズの醍醐味です。