エジプト・中近東

エジプト・中近東

旅の専門店連合会トラベルハーモニー

ニュース&トピックス

2016年、新登録された世界遺産!中近東編

先日イスタンブールで行われた第40回世界遺産委員会で、新たに21 件の世界遺産が誕生しました。そのうち、中近東地域では1件の文化遺産・自然遺産と危機遺産が5件(いずれもリビア)があります。

*南イラクのアフワール:生物多様性保護区とメソポタミア都市群の残存景観

ウル、ウルク、エリドゥというメソポタミアの3件の古代都市遺跡と東ハマー、西ハマー、フワイザ、セントラルの4件の湿地帯。人類初の文明であるメソポタミア文明を生み出したチグリス川、ユーフラテス川、そこは数々の固有種・絶滅危惧種を有する豊かな生態系を育んでいます。

*リビアの危機遺産:レプティス・マグナの古代遺跡、サブラータの古代遺跡、キレーネの古代遺跡、タドラット・アカクスのロックアート遺跡群、ガダメスの旧市街

今も中東では世界遺産の破壊が相次いでいます。これら人類の遺産を次世代に残せるよう、ユネスコの活動に期待するとともに、今全世界の協調が必要とされています。