エジプト・中近東

エジプト・中近東

旅の専門店連合会トラベルハーモニー

イラン北西部 民族興亡の歴史と自然遺産 10日間

出発日

2018年5月14日(月)~5月23日(水) 

2018年9月10日(月)~9月19日(水)

最少催行人員 7名様
添乗員 全行程同行します。
ツアーのポイント

■西イランのザグロス山脈の自然とそこに点在する古代遺跡の数々に注目。世界遺産タフテ・スレイマン遺跡、ビストゥン遺跡聖タデウス教会(黒の教会)、タブリーズのバザールを訪ねます。

■ペルシャの王族がこよなく愛したことでも有名なイラン最大のウルミエ湖を訪問します。

■キャンドバン村は1万年以上の長い年月を経てできた石灰岩に人々が岩をくり抜いて住みはじめたの起源です。奇岩が林立する様はまさにミニ・カッパドキア。

旅程(日程表)

日/日付 出発地 - 到着地 内容/特記事項 宿泊地 食事
1日目 東京(成田空港)

■空路、ドバイで乗継ぎ、イランの首都テヘランへ向かいます。

機中 機内
2日目 テヘラン
ハマダーン

■着後、ハマダーンへ向かいます。

■途中、ガズヴィーンのジェーメ・モスクに立ち寄ります。

ハマダーン 機内 昼食 夕食
3日目 ハマダーン滞在
(カンガーバル)
(ケルマンシャー)

■朝食後、ハマダーン市内の観光へご案内します。アケメネス朝からパルティアにかけて夏の都エクバタナの丘、クセルクセスが残した碑文がギャンジ・ナーメを訪ねます。

■その後、カンガーバルのアナヒタ寺院を訪ねます。

■また、ケルマンシャーのビーソトゥーンや7世紀、ササン朝ペルシアの儀式的建造物ターゲ・ボスターンを訪ねます。

ハマダーン 朝食 昼食 夕食
4日目 ハマダーン
タカブー
マラゲ

■朝食後、タカブ近郊のゾロアスター教の聖地タフテ・スレイマンを訪ねます。

■その後、マラゲへ向かいます。

マラゲ 朝食 昼食 夕食
5日目 マラゲ
ハサンルー
ウルミエ

■朝食後、ウルミエへ向かいます。

■途中、ハサンルー遺跡に立ち寄ります。

■着後、ネストリウス派の聖マリア教会を訪ねます。

ウルミエ 朝食 昼食 夕食
6日目 ウルミエ
バスタム
マクー

■朝食後、マクーへ向かいます。

■途中、バスタム遺跡やサンガール洞窟、また聖タデウス教会(黒の教会)を訪ねます。天気が良ければ、アララット山を遠望することができます。

マクー 朝食 昼食 夕食
7日目 マクー
ダレシャム
タブリーズ

■朝食後、タブリーズへ向かいます。

■途中、ダレシャムのエステファノス教会に立ち寄ります

タブリーズ 朝食 昼食 夕食
8日目 タブリーズ滞在
(キャンドヴァン村)

■朝食後、タブリーズの観光へご案内します。アゼルバイジャン博物館、カブード・モスク、世界遺産のバザールを訪ねます。

■また、キャンドヴァン村を訪問します。

タブリーズ 朝食 昼食 夕食
9日目 タブリーズ
テヘラン

■朝食後、空路、テヘランへ向かいます。

■夜、空路、ドバイで乗り継ぎ、帰国の途へ。

機中 朝食 昼食 機内
10日目 東京(成田空港)

■夕刻、成田空港に到着。

機内

ご旅行代金

2018年5月14日(月)~5月22日(火)ご旅行代金¥388,000  一人部屋使用追加料金¥57,000

2018年9月10日(月)~9月18日(火)ご旅行代金¥408,000  一人部屋使用追加料金¥57,000

*燃油サーチャージ目安額¥2,280

■エミレーツ航空利用予定

■イラン・ビザ代:¥2,700

■ビザ取得手数料¥5,400

■パスポート有効残存期間:入国時6ヵ月以上

ご利用予定ホテル

hotelハマダーン:パリシャン、アザディ、パリシャン・ブアリ または同等クラス

hotelマルゲ:ダルヤン、グランド・マラゲ または同等クラス

hotelウルミエ:シャヘル、ダルヤ または同等クラス

hotelマクー:ツーリストーイン または同等クラス

hotelタブリーズ:ゴスタレシュ、パルス または同等クラス

旅行代金補足事項

旅行代金に含まれているもの
旅行代金に含まれないもの

ご注意事項

*イランはイスラムの戒律が大変厳しい国のひとつです。外国人旅行者もある程度、その戒律に従わなければなりません。酒類の持ち込み、飲酒は厳しく禁じられています。女性は観光客であっても頭髪を含む肌の露出が禁じられています。

*宗教的理由により突然見学地が閉まることがあります。その場合、変更補償金の対象外とさせていただき、別の見学地へご案内します。