添乗員が同行するアゼルバイジャン1カ国周遊ツアーに行く。

個性派の陸旅倶楽部

旅の専門店連合会トラベルハーモニー

アゼルバイジャン1カ国周遊 シルクロードの隊商都市と近代建築 8日間

出発日

2018年6月19日(火)~6月26日(火)  出発確定

2018年7月17日(火)~7月24日(火)

2018年9月25日(火)~10月2日(火)

2018年10月16日(火)~10月23日(火)

最少催行人員 6名様
添乗員 全行程同行します。
ツアーのポイント

■コーカサス3カ国の1カ国である、アゼルバイジャンの魅力に迫ります。今ドバイに追いつく勢いで経済成長するアゼルバイジャンは、古代ペルシャの支配を受け、イスラム文化の色濃く残る国の歴史が2,000年以上にさかのぼります。世界遺産バクーの旧市街や世界遺産ゴブスタンなどバクー郊外の見どころに加え、古都シェキや北西部の山間ガバラの町、アルメニアの国境にも近いガンジャの町など、アゼルバイジャン全土の歴史、文化、自然の見どころへご案内します。

旅程(日程表)

日/日付 都市 スケジュール 宿泊地 食事
1日目(火) 東京(成田空港)

■夜、空路、イスタンブールで乗り継ぎ、バクーへ向かいます。

機中 機内
2日目(水) バクー

■着後、バクー郊外の観光へご案内します。アテシュギャーフ(拝火教寺院)へご案内します。

■また、ガラ村にある民族博物館を訪ねます。

バクー 機内 夕食
3日目(木) バクー滞在

■朝食後、バクー旧市街の観光へご案内します。世界遺産シルヴァンシャー宮殿、世界遺産乙女の塔、キャラバンサライなどを訪ねます。

■また、展望台からはバクーの町並やカスピ海を目下にご覧いただけます。

バクー 朝食 昼食 夕食
4日目(金) バクー
(ゴブスタン国立保護区)
(シャムキール)
ギャンジャ

■朝食後、第2の都市ギャンジャへ向かいます。

■途中、ゴブスタン国立保護区に立ち寄ります。世界遺産に登録される岩絵の見学や博物館を訪ねます。

■また、シャムキールにあるロシア皇帝エカテリーナ2世の時代につくられたドイツ植民地アネンフェルド、またイェレネドルフに立ち寄ります。

■着後、ギャンジャの観光へご案内します。有名なペルシャ人の詩人ニザーミー廟、アグヤン教会、シャキ・アッバスモスクなどを訪ねます。

ギャンジャ 朝食 昼食 夕食
5日目(土) ギャンジャ
シェキ

■朝食後、古都シェキへ向かいます。

■途中、山間の村キシュのアルバン教会に立ち寄ります。

■着後、シェキ旧市街の観光へご案内します。シェキ・ハーン宮殿、フォークアート・ミュージアム、シェキ・シルク工場などを訪ねます。

restaurant昼食はコーカサス地方の名物スープ「ピティ」をご賞味ください。

シェキ 朝食 昼食 夕食
6日目(日) シェキ
オグズ
ニジ
ウディン
ガバラ

■朝食後、2,000年の歴史を持つガバラへ向かいます。

■途中、オグズのシナゴーグ、往古のニジ村やウディンの教会を訪ねます。

■午後、自由時間です。

ガバラ 朝食 昼食 夕食
7日目(月) ガバラ
イワノフカ

■朝食後、バクーに向かいます。

■途中、イスマイリ地区にあるアゼルバイジャンの中のロシア植民地イワノフカを散策します。

■また、シャマキにあるエディ・ゴザル廟に立ち寄ります。

■夜、空路、イスタンブールで乗り継ぎ、帰国の途へ。

機中 朝食 昼食
8日目(火) 東京(成田空港)

■夜、成田空港に到着。

機内 機内

ご旅行代金 成田発着

出発日 旅行代金 1人部屋使用追加料金
2018年6月19日(火)~6月26日(火) 出発確定 338,000円 34,000円
2018年7月17日(火)~7月24日(火) 348,000円 34,000円

2018年9月25日(火)~10月2日(火)旅行代金 348,000円 1人部屋追加料金34,000円

2018年10月16日(火)~10月23日(火)旅行代金 338,000円  1人部屋追加料金34,000円

*燃油サーチャージ目安額¥25,000

■ターキシュ・エアライン利用予定、カタール航空利用予定

■アゼルバイジャン・eビザ代:アメリカ$23(円換算にて事前請求)

■取得手数料¥5,400

■パスポート有効残存期間:ビザ申請時6カ月以上

■パスポート未使用査証欄:1ページ以上

ご利用予定ホテル

hotelバクー(計2泊):カフカズ・パーク・ホテル または同等クラス

hotelギャンジャ:ベゴ・ホテル または同等クラス。

hotelシェキ:マークサル・リゾート または同等クラス。

hotelガバラ:フワフカズ・キャラバンサライ・ブティック または同等クラス